2017'04.13 (Thu)

その後のボホール島情報。。


おはようございます、、、


昨日今日と晴れてとても暑くなっています、、


先日の日曜日から大掛かりな停電と、、小刻みな(2~3時間)が続いています、、、

それに加えて、、、昨日から水道もストップしてしまいました、、


電気と水道、、一番大事なライフラインが、、

災害でもないのに、、いとも簡単にストップするなんて、、


生活者の立場に立たない、、役所が主導のお国柄です・・・




アブサヤフ3






ボホール島の銃撃戦が、、

いろいろなところに影響をだしてきました、、、


今日からフィリピンはホーリーウイーク連休です、、

ボホールに観光に行く人たち、、里帰りで帰る人たち、、、


ツアー関係も、中止になったところも出ています、、

私のところにも何件か問い合わせがありました、、



どこが危ないか?

それはわかりませんが、、


一般的には、ミンダナオ島全域、、

今となっては最も危険なボホール島、、

あとセブ島の南部地域といわれています。。


この地域に旅行へ行かれる予定の方は、、

考え直すか、行くにしても慎重になったほうが良いでしょうね。。



日本大使館から続けて危険情報が出ています。


○邦人も多く渡航・滞在する観光地やマニラ首都圏において,テロ等に十分注意する必要があります。

1 11日,邦人を含む外国人が多く渡航する観光地でもあるボホール島の一部地域(イナバンガ)において,テロリスト・グループと治安部隊が衝突し,双方に死傷者が出たと報じられています。

2 フィリピン国内ではこのほかにも,同じく邦人が多く渡航・滞在するマニラ首都圏において,米国大使館付近で爆発物が発見された事案(昨年11月),ISILメンバーと疑われる旅行者の男女が逮捕される事案(3月)などが発生しています。

3 このように,テロや誘拐の多く発生しているミンダナオ等の西部・南部地域はもとより,邦人も含む外国人が多く渡航・滞在する観光地や,マニラ首都圏,セブ,ダバオ等の都市部を含むフィリピン全土において,テロ等に十分注意する必要があります。特にフィリピンでは,これから聖週間の連休となることから,観光地等にはたくさんの人出が見込まれ,これら不特定多数の群衆を標的としたテロ等が懸念されます。今後,ゴールデン・ウィークに向け,多くの観光客がフィリピンを訪れることが予想されますので,以下の事項に十分ご留意ください。

(1)最新の関連情報の入手に努め,注意・警戒を怠らない。

(2)テロ・誘拐等の標的となりやすい場所(※)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払う。
 (※)各種イベント会場,観光施設,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等




↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。
スポンサーサイト
09:45  |  事件簿  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'04.11 (Tue)

ボホール島で銃撃戦、多数の死者。。


こんばんは、、

今夜は風も無くむし暑い、、熱帯夜です、、、


ボホール島イナバンガというところで、今日テロ組織と警察組織との間で銃撃戦があったようです。


観光地として有名なフィリピン中部ボホール(Bohol)島で11日、イスラム過激派組織「アブサヤフ(Abu Sayyaf)」の誘拐組織とみられる武装グループ10人と治安部隊が衝突し、治安要員4人を含む計9人が死亡した。
当局によると、武装グループ側は5人が死亡した。現場からはアサルトライフル4丁と簡易爆発物1個が押収された。

 イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に忠誠を誓っているアブサヤフは、同国南部ミンダナオ(Mindanao)地域周辺で外国人らを狙った身代金目的の誘拐事件を繰り返しているが、フィリピンの主要観光地を襲撃したのは近年初めてとされる。

 ボホール島の都市、イナバンガ(Inabanga)の警察関係者によると、武装グループは10日、船でイナバンガへ到達。さらに高速艇3隻を使い、川の上流の奥地にある村に入ったところで、捜索を行っていた治安部隊と衝突した。

 米国とオーストラリアの現地大使館は今週、自国民に対し、特にボホール島及びセブ(Cebu)島で「テロ集団」による拉致が起こる可能性について警告しており、フィリピンの治安部隊が警戒していた。


日本大使館からも危険情報が出ています。

報道等によれば,11日,ボホール島イナバンガにおいて,テロリスト・グループと警察等治安部隊とが衝突し,双方に死傷者が出ています。10日付で発出した「聖週間(ホーリー・ウィーク)期間中のテロ・誘拐等に係る注意喚起」と併せ,下記情報に十分ご留意の上,安全なご旅行(ご滞在)をお願いします。

セブ島もしくはレイテ島からボホール島へ移動したテロリストグループが、、治安部隊と衝突したということのようです。
イナバンガと言えば、ここマクタンから一番近いクラリン港の少し北側にある町です。
マクタンからバンカーボートでボホールへいく場合はクラリンの港を使います。
今まで何度か利用したことがあります。

東南アジアサミットで警戒厳重なセブ島を避けて、目立たない場所からボホールに上陸して、、観光地を目指していたのでしょう。
ホーリーウイークに入り、、観光地へ出て行く人たちも多くなる時期です、、
危険と思われる地域には行かないようにしたほうが懸命なようです。。






↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。
22:06  |  事件簿  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'03.23 (Thu)

フィリピンでクレジットカードの被害が増えています。。


おはようございます、、、


今日も朝から風もほぼなく、、晴れ~~


暑い暑い~





ブリッジ






最近フィリピンでクレジットカードのスキミング被害が増えております、、、

下記の記事はクレジットカード詐欺ですが、、同様にフィリピンでカードを使用するときには特に注意が必要です。



2016年にフィリピン国内で発生したクレジットカード詐欺の被害総額が約5億685万ペソに上っていることが分かった。22日、首都圏ケソン市の国家警察本部で開かれたフォーラムで、商業銀行中堅フィリピン・バンク・オブ・コミュニケーション(PBCom)のサントス副頭取が明らかにした。

 同副頭取によると、クレジットカード詐欺の被害は年々増加しており、特にインターネット上での取引から個人情報を盗まれる事例が多い。金融機関に報告義務が発生するクレジットカード詐欺の被害額は1件2万ペソ以上で、報告されていない被害者も相当数いるとみられる。国家警察は、インターネットで取引する際は十分に注意するよう利用者に呼び掛けた。




スキミング被害とは、、


スキマーと呼ばれる、読み取り装置などにカードを通すことでカードの情報(磁気データ)のみを一瞬にして盗み出す手口。

盗んだカードの磁気データをもとに偽造カードを作成し、不正に利用する被害が発生しています。
スキミング被害は、盗難被害とはちがって、カード自体は手元にあるため、被害に気付きにくい巧妙な手口です。




フィリピンでは連日増加するスキミング被害のニュースが報道されていますが、、


先日私の知り合いが、、

セブに来る前にマニラに1日寄ってきたときのこと、、

どこかのデパートでカードを使ったそうです、、


セブに来てから、被害が発覚、、


ダイビングを終えてさあ帰ろうというときに、、

クレジットカード会社から電話が入りました、、

「マニラで異常なカード使用が発覚しました、すぐにカード使用を止めました。」


お客さんはびっくり、、

どこでスキミングされたのだろう、、


保険に入っているから大丈夫です、、と話していましたが、、、

本当に、、油断も隙もあったもんじゃないですね~~


皆さんもフィリピンでカードを使用する場合は、、場所柄なども考えて、、


むやみに多くの現金を人に見られることの無いように、、


日本とは違います、、


常に周囲に気を配り、、油断する事無のないようにしましょう。。









↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。
11:00  |  事件簿  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'11.21 (Mon)

SMシティーセブでプロの窃盗グループの被害発生。。。


先日にもテロ組織による外国人誘拐団がセブ島南部で誘拐の計画をしているという情報もありましたが、、、

またまた危険情報が出ています、、、



フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在フィリピン日本国大使館

17日20時頃,メトロマニラ・マカティ市のマカティ通りとPブルゴス通り周辺において,帰宅途次の在留邦人が刃物を持った男に金品を要求される強盗未遂事案が発生しました。即座に走って逃げたため,特に被害はありませんでした。
また,6月と10月にも同地域で朝の通勤時間帯に強盗未遂事案が発生しており,いずれのケースも昼夜問わず人通りの少ない時間帯に犯行に及んでいます。
幸いにもいずれのケースも人的被害はありませんでしたが,刃物等により危害を加えられるおそれが十分ありますので,人気の少ない通りを避け,複数での行動を取る等注意が必要です。
路上における強盗(未遂を含む)事案は,上記地域以外でも発生しておりますので,現在の通勤手段や市内での移動手段について,改めて見直す等の対策を講じてください。



上記の件とは違う別件の情報です、、

昨日SMシティーセブで実際に起きた事件です、、、




シューマート





私の知り合いKさんのお客さんが、、

SMデパートの地下のお土産物売り場でドライマンゴを探しているときの事、、、

なにか売り場が込み合ってきたような感覚になったのですが、、それでもドライマンゴを買い物カゴに入れていると、、

狭い通路で他の人がやたらとそばにせまり、探し物をしていたようだったのですが、、


何とかみやげ物がそろい、その後レジに向かい支払いをしようとすると、、、、


持っていたバッグのチャックが開いているではないですか、、


なんとバッグの中に入れていた財布が無くなっていたのです、、


すぐにSMのスタッフに話をして、、マネージャーらしき人が来て警察に通報したのですが、、

なんと近くにいた日本人の二人組の女性たちも財布をすられていたのです。。


防犯カメラで確認したそうですが、、込み合ってきたように感じていたそのときに、、

女が6名、男が1名のグループがその人の周りを囲み仕事をしたそうです、、



知り合いの方は日本円50万と35000ペソに各種クレジットカードを持っていかれたそうです、、


その後分かったのですが、、

なんとアメリカンカードだった思いますが、、

SM内で、数十万円の買い物で使われていたそうです、、、


日本語のサインができるツワモノがいるのですね、、


二人の女性達も大変な被害でした、、、


シヌログフェスティバルなど、、

大勢の観光客がセブに訪れるときを狙い、マニラから窃盗グループが来るといわれていますが、、、


プロのグループに間違いありませんね、、

常に回りに気を使い、、

被害に会わないように注意をしていきたいと思います。。。







↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。
04:09  |  事件簿  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'11.05 (Sat)

セブ島南部にテロ警戒情報。。。



なんとセブ東南部でテロ集団にる誘拐の恐れがあるという注意がありました、、、


在フィリピン米国大使館は3日、ビサヤ地方セブ島南部でテロ集団による誘拐の恐れがあるとして、米国人の在住者や旅行者に渡航を控えるよう注意喚起を発出した。外国人を対象にした誘拐が計画されているとし、特に注意が必要な地域としてスミロン島を含むセブ南部の、ダラゲテ、サンタンデール両町を指定した。米国大使館の注意喚起を追う形で4日、在比日本大使館も在比邦人や旅行者に対し警戒を呼び掛けた。
米大使館が注意喚起したダラゲテ、サンタンデール両町の間に位置するオスロブ町は、ジンベイザメの遊泳が見られるスポットとして人気の観光地で、日本からも多くの観光客が訪れる。ジンベイ・ウォッチングのツアーを行うリゾートT2ゆかりの大西麻衣さん(27)は「オスロブは住民が皆顔見知りで穏やかな町で非常に安全」と話し、驚きを隠せない様子だった。






↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。
17:21  |  事件簿  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT